【ダンプ運転手給料】年収1000万超え可能?わかりやすく解説。

ダンプ運転手-年収-1000万円

車を運転する仕事である運転手にはさまざまなタイプや種類があります。

タクシードライバーやバスの運転手、トラックの運転手などが一般的で、その中でもトラックの運転手はトラックの大きさや種類などによって給料や仕事のスタイルが異なります。

ここでは、ダンプ運転手の基本情報や概要などから、

  • ダンプ運転手の給料や年収
  • ダンプ運転手のメリット・デメリット

これらのことについて詳しくかいせつしていきます。

ダンプ運転手の給料・年収の目安は?手取りはいくら?

ダンプ運転手の平均年収は363万円とされており、年収の幅としては243万円~524万円となっています。

平均年収だけを見ると、全国平均の409万円を下回っているため、ダンプ運転手の年収の水準は決して高いとはいえません。

ですが、年収の幅そのものは、他の運転手業や他業種と比べ狭い方なので、これは年収がある程度安定していると考えることもできます。

エリアによっても年収は異なる

例えば、都市部と地方と比べた際、また広域エリアで比べた際なども年収は異なります。

関東エリアと近畿エリアを比べてみても、関東であれば455万円、近畿は403万円と、50万円以上の差が出ているデータもあります。

ダンプの大きさによっても年収が異なる

これは一般的なトラック運転手と同じ傾向といえ、ダンプの大きさによっても給料が異なる傾向があります。

例えば、大型ダンプドライバー、未経験対象といったとある求人では以下の内容で募集されていました。

大型ダンプ運転手の求人例
  • 月収 35万円~50万円
  • 勤務地 ○○駅から車で10分
  • 備考 要大型免許、未経験・ブランクOK

これらのことが条件としてあり、例えばこの場合、月収45万円以上もらえた場合、賞与を入れて年収が600万円以上となるようで、これは全国の平均年収はもちろん、ダンプ運転手全体の平均年収も大きく超えます。

高い理由としては、大型ダンプであることと、大型免許が必要なことであり、大型ダンプの場合はトラックと同様にある程度の運転技術と、それを運転するための免許が必要となるため、それに見合った給料が保証されるといえます。

福利厚生は?

福利厚生に関しては、他のドライバー業や他業種と同様に、社会保険完備、昇給制度、賞与、有給、資格制度などがあり、福利厚生に差はないといえます。

ですが、福利厚生の充実度は、勤め先や仕事内容によって変化するため、ダンプ運転手での転職や就職を検討している場合は、給料面と一緒に福利厚生や待遇面にも注目しましょう。

ダンプ運転手の給料・年収の目安は?手取りはいくら?
  • ダンプ運転手の年収は平均で363万円
  • 年収水準は他業種や全国と比べ低い
  • ダンプのサイズが大きくなれば年収も高水準

ダンプ運転手の仕事内容は何?

ここからは、ダンプ運転手の仕事内容を解説していきます。

そもそもダンプカーとは?

ダンプカーとはトラックの一種で、シャシーと呼ばれる部分とダンプの2つに分けることができる構造のトラックを総じてダンプカーと呼びます。

また、ダンプカーの中でも、リヤダンプ、サイドダンプ、三転ダンプ、リフトダンプなどと、荷台によっても分類することができます。

具体的な仕事内容は?

ダンプカーは一般的なトラックとは違い、砂利や土砂といった荷物を建設現場に搬入したり、砂利生産工場から生コンやアスファルトなど、資材をメインに運びます。

一般的なトラック運転手との大きな違いは、荷物の手積みや積み下ろしをする必要がないことで、イメージとは違い力仕事が少ないことです。

勤務時間や拘束時間は?

ダンプ運転手の特徴のひとつであるのが、一般的な企業に比べ勤務時間が長くなるため、拘束時間も長くなる傾向にあります。

ですがこれは、積み込みをする現場までの距離と、積み込みをする順番を守るルールがあることが原因としてあります。

積み込みをする現場が小さいと待ち時間も少なくすみますが、大きい現場になると他のダンプカーも多くなるので、その分待ち時間も多くなってしまいます。

ダンプ運転手の仕事内容は何?
  • 基本的に建築関連の資材を運ぶのが仕事
  • ダンプカーの種類も豊富にある
  • 荷物の手積みや積み下ろしをする必要がない
  • 拘束時間が長くなる傾向がある

ダンプ運転手の仕事をするメリット・デメリットは?

ダンプ運転手の仕事内容や給料面などは、上記で解説した通りですが、実際にダンプ運転手をした際のメリット・デメリットにどのようなことがあるのかは気になるところです。

ここからは、ダンプ運転手の仕事をするメリット・デメリットを解説していくので、転職や就職活動時の参考にしてみてください。

ダンプ運転手の仕事をするメリット

ダンプ運転手のメリットには以下のようなことが考えられます。

ダンプ運転手のメリット
  • 人間関係でのストレスが少ない
  • 一般的なトラック運転手よりも体力面で楽
  • 長距離運転など運転が好きな人に向いている

これらのことがメリットとして考えられます。

基本的にダンプカーを一人で運転するため、他人との接触が少なく、人間関係によるストレスが少ないといえます。

また、上記でも解説しましたが、ダンプカーの場合は、基本的に運搬物を手積みや積み下ろしをする必要がないため、一般的なトラック運転手よりも体力面では楽だといえるでしょう。

ダンプ運転手の仕事をするデメリット

一方、ダンプ運転手の仕事をするデメリットには以下のようなことが考えられます。

ダンプ運転手のデメリット
  • 年収水準が低い
  • 現場によっては手積みや積み下ろしも

一番のデメリットは、やはり年収の水準が低いことであるといえ、稼ぎたい方にとっては大きなマイナス面だといえます。

同じ運転をする仕事でも、例えばヤマト運輸や佐川急便の平均年収は500万円とされており、ダンプ運転手の平均年収は363万円なので、これは非常に大きな差であるといえます。

ですが、仕事量や給料の変動、体力面などは、一般的なトラックドライバーよりも少なく安定しているので、あまり稼げなくても体力的に楽をしたい場合は、ダンプの方がメリットが多いともいえます。

ダンプ運転手に向いている人は?

ダンプ運転手に向いている人は、やはり車の運転が好きで苦にならない人が一番向いているといえます。

また、基本的に一人で運転をする仕事なので、人間関係でトラブルを起こしたくない人にも向いています。

ですが、車を運転する仕事なので、違反や事故などに常に注意する責任感や、健康管理をしっかりとできる、車の異常や変化に対応できるなど、これらのことも求められます。

ダンプ運転手の仕事をするメリット・デメリットは?
  • メリットは人間関係のストレスが少ないこと
  • デメリットは年収水準が低いこと
  • 運転が好きな人にダンプ運転手は向いている

ダンプ運転手の仕事をするにはどうすればいい?

ここでは最後に、ダンプ運転手の仕事をする方法を解説していきます。

必要な資格は?

一般的なトラック運転手と同様に、扱う車の大きさによって必要となる資格が異なります。

例えば、5トン・最大積載量3トン未満の場合であれば普通免許でも仕事ができますし、これが11トン以上・最大積載量が6.5トン未満になれば、大型免許が必要となります。

必要とする免許は、ダンプカーのサイズや求人欄で知ることができるので、事前に必ず確認しておきましょう。

ハローワークや各種サービスで求人を探す

働き先は、一般的な転職や就職活動と同じように、最寄りのハローワークや、求人サイト・転職サイト、また転職エージェントなど、転職・就職関連の各種サービスでダンプ運転手の求人を探します。

上記の解説でもあったように、エリアや事業の大きさによって給料面や待遇面が大きく違ってくるため、エリアに強いサービスや、運転手を専門的に扱う転職エージェントなどの活用が、給料面や待遇面、また求人倍率的に効果的といえます。

ダンプ運転手の場合は、大型免許の所持も求められることが多いため、大型免許の所持もダンプ運転手の転職や就職に有利に働くといえるでしょう。

ダンプ運転手の仕事をするにはどうすればいい?
  • 扱うダンプカーのサイズによって必要な免許が異なる
  • 転職・就職方法は一般的な方法と同じ

まとめ

ここでは、ダンプ運転手の基本情報や概要などから、ダンプ運転手の給料や年収、ダンプ運転手のメリット・デメリット、また、ダンプ運転手のなり方などについて解説してきました。

ダンプ運転手は一般的な年収よりも水準が低いですが、その分、他の肉体労働よりも体力面では楽だといえるので、ある意味バランスの取れた仕事だといえます。

また、ダンプカーのサイズが大きくなる、また移動距離が長くなるなどで、休養面が優遇されるケースがあるので、先のキャリアを見据えて活動すれば、高い年収を得ることも可能です。

仕事量やシステム上、年収1000万円以上稼ぐことは困難ですが、キャリアを見据えた活動や、仕事のやり用によっては、それに近づけることも可能だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です